トピックスTOPICS

エントリー受け付け、いよいよ明日までです!

[2020.12.14更新]

仕事が始まる月曜日ってやっぱり憂鬱なものですね。お昼過ぎ、ただいま睡魔と戦っている「別大チャレンジ2021」事務局の出来です。

「別大チャレンジ2021」エントリー締め切りである明日15日23時59分が迫って参りました。エントリー開始が11月13日。これまでたくさんの方にエントリーいただき、感謝申し上げます。

しかし、まだ定員まで余裕がございます。少しでも興味を持っておられる方にはぜひチャレンジしていただきたいです。

大会期間中、自分のペースで、自分の好きなときに走っていただけるので、事前にお送りするTシャツとアスリートビブス(ナンバーカード)を付けて、「別大」気分でぜひ参加していただきたいと思っております。

また、周りのラン仲間の皆さまにお声かけいただけますと幸いです。

 

12月10日に発表がありましたが、2021年2月28日に1万8000人が参加予定だった湘南国際マラソン大会も開催中止となりました。その前に距離短縮を決めていました。無事に開催できることを願っておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大が続く中、中止は苦渋の選択だったと思います。

出来は12月6日にありました福岡国際は現地視察をしました。しかし、出場者はわずか86人。やはり今の状況では、プロアスリートやスーパーエリート市民ランナーだけしか参加できない大会しか開催できないのでしょうか? 福岡国際では、今年2月の別大で日本人最高の3位に入り、競技者生活を続けることを決めた吉田祐也選手(GMOインターネット、東京)が劇的な走りで初Vを果たしたこともあり、やはりリアルの大会はいいなあと実感したところです。

少人数のエントリーでも、それぞれリアルの大会が開催され、無事に終える実績を重ねることで、その次に予定している大会もできる、その次の大会も開催できる・・・と実績を重ねていくことが大事だと思っています。

別大チャレンジはリモートマラソンですが、安全・安心に大会を終えることで、別大チャレンジ(別大マラソン大会)事務局として少しずつ実績を重ねていきたいと思っております。

 

次回別大は2022年2月6日です。まだ時間はありますが、コロナ対策を含め少しずつ準備を始めています。特別インタビューさせていただいた金哲彦さんもおっしゃっていましたが、別大チャレンジにご参加いただき、別大の灯を次回22年の第70回大会につなげていきたいです。

まだまだエントリー受付中です。ご検討の方はぜひご参加ください!

 

■過去記事はこちら

▽マラソン・駅伝解説者でプロランニングコーチの金哲彦さん特別インタビュー=Betsudai-C_Kin Tetsuhiko_Interview

▽別大で「開花」吉田祐也選手が福岡国際初V=https://www.betsudai.com/%e5%88%a5%e5%a4%a7%e3%81%a7%e9%96%8b%e8%8a%b1%e3%80%81%e5%90%89%e7%94%b0%e3%81%8c%e7%a6%8f%e5%b2%a1%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e5%88%9dv/

▽ビブスデザイン決定=Betsudai-Challenge_T-shirt_Bibs final

▽ボランティアから「競技者へ」 NTT西日本、佐藤さんの挑戦=Betsudai-C_Oita1204

▽東京五輪マラソン代表候補(補欠)でGMOインターネットの橋本崚選手の特別インタビュー=Betsudai S_Interview_Hashimoto Ryo2020

▽Tシャツデザイン=Betsudai-Challenge_T-shirt final

▽増田明美さん流「別大チャレンジ」の楽しみ方=別チャレS_Special

▽募集要項=BETSUDAI Challenge2021Entry