トピックスTOPICS

大会規模を縮小のお知らせ

[2022.1.21更新]

別府大分毎日マラソン大会は規模を縮小し開催します

 

第70回記念別府大分毎日マラソン大会実行委員会は、2月6日(日)に4,184人で、2年ぶりとなる大会の開催を目指し、準備を進めてまいりました。しかし、年明けからの新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の急激な感染拡大により全国的に感染者が増え続け、大分県も「まん延防止等重点措置」の要請をする見込みです。また、4,000人規模の大会開催の前提としていた政府の「ワクチン・検査パッケージ」も停止となりました。このような状況を踏まえて、地元自治体と協議を重ねた結果、感染のピークが見通せない現状では、計画通りの大会を開催することは、非常に難しいとの結論に至り、大会規模を縮小する苦渋の決断をいたしました。

 

本大会への出場は、招待選手を含めたカテゴリー1(公認記録2時間30分以内、男子232人)とペースメーカー(男子5人)、IPC(国際パラリンピック委員会)登録のブラインドランナー(男女14人)、大分県在住者(男女292人)の543人に限らせていただきます。

 

ご出場いただく選手の皆さまには、ワクチン2回接種の有無に関わらず、PCR検査(大会3日前から)もしくは抗原検査(大会前日もしくは当日)での陰性を示す検査結果通知書、検査済みを示す文書の原本またはコピー、写真のいずれかを提示していただきます。規模を縮小することで、ランナーをはじめ、ボランティアや医療スタッフなどすべての大会関係者の安全・安心を確保、大分の医療機関への負担を軽減したいと考えます。

 

大分県民以外のカテゴリー2、3、4のランナーの皆さまは出場をお断りすることになり、多大なご迷惑をおかけしますが、ご理解、ご協力のほど何卒よろしくお願いいたします。

 

なお、出場をお断りするランナーの皆さまには、大会要項に従い、スマートフォンアプリを活用したリモートマラソン大会へ参加していただければと考えます。開催時期を含めたリモート大会の詳細は、後日、大会ホームページなどでお知らせいたします。また、出場料の返金の有無や次回大会以降の出場権の継続、出場資格の期間などにつきましては、大会後に協議し、改めてご連絡いたします。

 

大会2週間前の発表、また大会概要の発表から1週間での方針転換となり、ランナーの皆さまには大変なご迷惑、ご負担をおかけすることとなりました。誠に申し訳ございませんが、何卒、ご理解・ご協力くださいますよう、重ねてお願い申し上げます。

 

 

別府大分毎日マラソン大会実行委員会

 

 

【別大】規模縮小について_20220121

 

出場者可能なランナーの皆さま一覧

カテ1PM&IPC、県民選手一覧_20220121

 

なお、出場可能なランナーの皆さまのうち、出場を辞退される方につきましては、以下の問い合わせ先メールアドレスにご連絡いただけますと幸いです。

 

■問い合わせ先

Mail:betsudai-m@mainichi.co.jp

 

何卒、よろしくお願いいたします。