大会要項Marathon Competition Outline

大会要項

名称

第71回 別府大分毎日マラソン大会

期日

2023年2月5日(日)正午スタート

コース

日本陸連公認別府大分毎日マラソン大会コース(42.195km)
大分市高崎山・うみたまご前スタート―別府市亀川漁港前折り返し―ジェイリーススタジアム(大分市営陸上競技場)

※マラソンのほかに、15km、20km、ハーフ、25km、30kmの記録が公認される。ただし、完走した競技者が対象

主催

九州陸上競技協会、大分県、大分県教育委員会、大分市、大分市教育委員会、別府市、別府市教育委員会、毎日新聞社、RKB毎日放送、OBS大分放送

後援

(公財)日本陸上競技連盟、(一社)日本実業団陸上競技連合、(公財)大分県スポーツ協会、スポーツニッポン新聞社

主管

(一財)大分陸上競技協会

支援

大分県警察本部、陸上自衛隊別府駐屯地第41普通科連隊、大分県スポーツドクター協議会、国土交通省、九州地方整備局大分河川国道事務所

事務局

①毎日新聞社事務局(参加申込先、問い合わせなど)
〒802-8651 福岡県北九州市小倉北区紺屋町13-1 
毎日新聞西部本社事業部内
TEL:093-511-1119 FAX:093-541-8239 E-mail:betsudai-m@mainichi.co.jp

②大分事務局(11月1日開設予定)
〒870-0931 大分市西浜1-1 
ジェイリーススタジアム内
TEL:097-558-1999 FAX:097-558-1784

参加資格

2018年1月1日以降、申込期日までに日本陸上競技連盟公認またはAIMS公認コースでの記録(ネットタイムも可)を持つ、大会当日満20歳以上の男女競技者。カテゴリー1~3は、22年度の日本陸連登録者に限る。

※参加資格は例年、大会開催前々年と前年の直近2年間を対象としてきたが、新型コロナウイルス感染症の拡大による各種マラソン大会の開催中止、及び第70回記念大会の規模縮小を考慮し、今回は特例で直近5年間とする。昨今の大会事情も鑑みネットタイムでの申請も可とする。

競技規則

  1. 2022-2023年ワールドアスレティックス(WA)並びに2022年度日本陸上競技連盟競技規則及び本大会規定による。WA規則によりドーピング検査を実施する。
  2. 下記のとおり、関門規制を行う。関門閉鎖後の走行は認めない。
    ▽10km:52分
    ▽15km:1時間16分
    ▽20km:1時間40分
    ▽25km:2時間05分
    ▽30km:2時間30分
    ▽35km:2時間55分
    ▽40km:3時間20分
  3. カテゴリー1の選手のみスペシャルドリンクを置くことができる。
    ※希望者は申込時に申請すること。

参加料

1人15,000円(全カテゴリー共通)

申し込み

インターネット(https://runnet.jp/)のみ(全カテゴリー共通)

定員

全カテゴリーで総定員4,000人の範囲内で、応募多数の場合は抽選

参加資格及び定員

本大会は、ジャパンマラソンチャンピオンシップシリーズ男子グレード1の大会として実施する。

【第70回記念大会の規模縮小に伴う出走権保有者】

申込者全員が参加できる。
第70回記念大会に出走予定となっていた競技者で、大会規模縮小に伴い、第71回大会へ出走権が持ち越された競技者

【カテゴリー1】申込者全員が参加できる。(陸連登録者に限る)
  1. マラソン2時間30分以内
  2. 30kmロードレース1時間40分以内
  3. ハーフマラソン1時間10分以内
  4. 日本陸上競技連盟、日本実業団陸上競技連合、日本学生陸上競技連合、都道府県陸協の推薦がある者
  5. 主催者が招待する競技者
【カテゴリー2】(陸連登録者に限る)
  1. マラソン2時間55分以内

定員:総定員4,000人の範囲内で、応募多数の場合は抽選

【カテゴリー3】(陸連登録者に限る)
  1. マラソン2時間59分59秒以内
  2. 30kmロードレース1時間54分以内
  3. ハーフマラソン1時間17分以内

定員:総定員4,000人の範囲内で、応募多数の場合は抽選

【カテゴリー4】陸連登録者以外もエントリー可能
  1. マラソン3時間30分以内

定員:総定員4,000人の範囲内で、応募多数の場合は抽選

※第71回大会は、カテゴリー2・3の新規エントリー希望者も抽選とする。

※第70回記念大会で設置した「大分県民枠」は、今回設定しない。

※陸連登録者は、エントリー時に登録番号が必要となる。未登録の場合には、カテゴリー1~3のエントリーはできない。

※新型コロナウイルス感染症拡大や天変地異等により、大会の中止や規模縮小、参加資格を変更することがある。(大会エントリー規約参照)

申込期間

【第70回記念大会の規模縮小に伴う出走権保有者】
  • 2022年8月22日(月)10時~9月2日(金)17時

※上記期間を超えた場合には、持ち越された出走権は無効となり、再度エントリーが必要となる。

【カテゴリー1】
  • 2022年10月3日(月)10時~12月2日(金)17時
    (参加資格⑷、⑸で主催者が認めた場合にはこの限りではない)
【カテゴリー2~4】
  • 2022年10月3日(月)10時~10月14日(金)17時

※カテゴリー2~4の募集枠については、別途、大会HP等で発表する。応募多数の場合には抽選となる。当選者にはメールを送付する。

横にスクロールしてご覧ください。

【カテゴリー】 【参加資格】 【定員、抽選の有無】 【申込期間】 【申込方法】 【参加料】
第70回記念大会の規模縮小に伴う出走権保有者 第70回記念大会に出走予定になっていた競技者で大会規模縮小に伴い、第71回大会へ出走権が持ち越された競技者 申込者全員 2022年
8月22日(月)10時~
9月2日(金)17時
RUNNET

15,000円

カテゴリー1
男女
  • ①マラソン2時間30分以内
  • ②30kmロードレース1時間40分以内
  • ③ハーフマラソン1時間10分以内
  • ④日本陸上競技連盟、日本実業団陸上競技連合、日本学生陸上競技連合、都道府県陸協の推薦がある者
  • ⑤主催者が招待する競技者

申込者全員
陸連登録者に限る

2022年
10月3日(月)10時~
12月2日(金)17時

※参加資格④、⑤で事務局が認めた場合はこの限りでない

カテゴリー2、3
男女

カテ2=
マラソン2時間55分以内

カテ3=

  • ①マラソン2時間59分59秒以内
  • ②30kmロードレース1時間54分以内
  • ③ハーフマラソン1時間17分以内

応募多数の場合は抽選
連登録者に限る

2022年
10月3日(月)10時~
14日(金)17時

※11月下旬までにエントリー確定メールを発送します

カテゴリー4
男女

マラソン3時間30分以内

応募多数の場合は抽選陸連登録者以外も可

2022年
10月3日(月)10時~
14日(金)17時

※11月下旬をめどにエントリー者が確定、メールで通知

公認記録確認

カテゴリー1~4に新規エントリーする競技者は、完走証及び記録の提出を求める。大会HPの応募フォームからデータ(JPEGまたはPDF)をアップする。別府大分毎日マラソン大会での記録は事務局で確認するため、送付の必要はない。
走行権保有者は提出不要だが、記録に変更がある競技者は、新たに受け付ける。

※データ到着の有無に関する問い合わせは受け付けない。

競技者受付

日時:2023年2月4日(土)13時~17時
会場:別府国際コンベンションセンター(B-Con Plaza)「ランナーの広場」
住所:大分県別府市山の手町12‐1

表彰

  1. 男女の優勝者に優勝杯を贈る。
  2. 国内男子選手のうち、最高位の選手に日本陸上競技連盟杯を贈る。
  3. 1位~10位の男子選手、1位~3位の女子選手、視覚障がいマラソン1位~3位の男女選手にそれぞれ賞を贈る。
  4. 新人で優秀な記録を残した男子選手に新人賞を贈る。
  5. 大分陸上競技協会登録者で男子1位の選手に池中杯を贈る。
    ※本大会男子優秀選手を日本実業団競技連合が海外マラソンに派遣する。

表彰式

ジェイリーススタジアム内で開催

大会エントリー規約(必ずお読みください)

以下の注意事項を確認したうえでエントリーを行うこと。エントリー者は、注意事項を了承したものとする。

  1. 完走者はフィニッシュ後WEB完走証をダウンロード・作成できる。郵送はしない。
  2. 事前に医師による健康診断を受診すること。競技中に発生した事故等についての応急処置は主催者で行うが、それ以後の責任は負わない。各自で健康保険証を持参すること。
  3. 競技者受付は、決められた時間以外は行わない。
  4. 新型コロナウイルス感染症拡大防止のための健康調査チェックに伴い、競技者受付時に本人確認を行う。代理での受付は不可とする。
  5. 申し込み本人以外の出場(不正出場)は認めない。
  6. エントリー時の生年月日、性別、居住地、記録等の虚偽申請は認めない。登録内容の変更やキャンセルはできない。登録されたメールアドレスの不備等による通知不着・未着の確認は行わない。メール受信設定やセキュリティソフトに関する設定、メールアドレスの変更等により主催者からの配信メールが受信できない場合、それに伴う不利益が生じても主催者は一定の責任を負わない。登録情報に変更があった場合には、速やかにRUNNETの情報を更新すること。
  7. 申し込み状況や抽選の結果・照合は受け付けない。
  8. 指定期日までに参加料の支払いが完了されない場合には、自動的にキャンセルとなり出走権は取り消される。出走権利及びアスリートビブス等をオークション等に出品したりキャンペーン利用することは認めない。判明した場合には出走権を取り消し、参加料は返金しない。
  9. 新型コロナウイルス感染症拡大防止に向け、安心・安全な大会運営に努めていくが、出走者が大会期間中に陽性となった場合の責任は、主催者では負いかねる。主催者において、大会当日のみ、傷害事故に対する保険に加入するが、疾病は対象外となる。
  10. 新型コロナウイルス感染症拡大防止に対し、以下の場合には、参加の辞退、出走権の取り消しを行う。いずれの場合にも参加料は返金しない。
    • 2023年1月22日(日)以降に、新型コロナウイルス感染症陽性判定となった場合
    • ランナー受付会場または大会当日の検温で、主催者が定めた体温(37.5℃)以上の場合
    • 濃厚接触者に認定され、隔離の指示がでた場合
    • 主催者が指定した体調管理システムに関し、使用しなかった場合は記載漏れ・不備があった場合、提示を拒否した場合
    • 主催者が講じる感染症拡大防止対策に従っていただけない場合
  11. 参加料以外の費用(渡航費や宿泊費等)は、いかなる場合があっても補償の対象にはならない。
  12. 新型コロナウイルス感染拡大等により実行委員会が安全な開催が困難と判断した場合は、大会の中止や参加人数の制限などの規模縮小を決定する。その際、中止・規模縮小決定時までに生じた経費等を勘案して返金の有無、金額を実行委員会で協議する。返金方法、次大会への出走権利移行については、別途、実行委員会で協議し決定する。
    なお、地震や風水害、降雪、事故など、主催者の責任ではない理由で大会が中止になった場合、参加料は返金しない。
  13. 競技者が競技場やコース上において動画や映像、写真等を撮影することを認めない。主催者の許可なしに競技者や第三者が撮影したものをSNS等を含む商業利用(当該利用をする者が企業・団体・競技者本人・競技者以外の個人であるか否かは問わない)することを禁止する。
  14. 小型無人機「ドローン」によるレース撮影は禁止する。
  15. スタート地点からフィニッシュ地点への荷物輸送は大会側で行う。事前にお渡しする荷物袋に各自で入れ、係員に渡すこと。貴重品は各自で保管すること。
  16. 競技者の服装が競技運営で適当でないと判断した場合、大会への参加を認めず、レース開始後に競技を中止することがある。特に、他のランナーに対して危険と思われる服装や携行品の所持、政治的・宗教的な主張をPRするものや広告・宣伝効果を目的とした服装は認めない。
  17. レース中、緊急車両の走行によって大会を中断することがある。
  18. 本大会は国内の関連するすべての法令を遵守し、実施する。
  19. 上記以外にも、主催者からの申し出に従わない場合には出走権を取り消す。その場合には参加料は返金されない。
  20. 宿泊あっせん希望者は、大会HPのJTBリンクより申し込むこと。
  21. 日本視覚障がい男子マラソン選手権大会の申込については日本ブラインドマラソン協会へ問い合わせすること。

ドーピングコントロール

世界陸上競技連盟アンチ・ドーピング規則及び規定、もしくは日本アンチ・ドーピング規定に基づいて行われる。なお、本大会前もしくは後のドーピング検査では、尿または血液(あるいは両方)の採取が行われる。該当者は指示に従って検査を受けなくてはならない。
TUE申請:禁止表国際基準で定められている禁止物質・禁止方法を病気の治療目的で使わざるを得ない競技者は、「治療目的使用に係る除外措置(TUE)」の申請を行うことが義務づけられている。

詳細については、

日本陸上競技連盟医事委員会

日本アンチ・ドーピング機構

を確認すること。

個人情報

  1. 主催者は、個人情報の保護に関する法律及び関連法令等を順守し個人情報を取り扱う。
    • 競技会開催を目的とした個人情報の利用本大会の資格審査、プログラム編成及び作成、記録発表、公式ホームページその他競技運営及び陸上競技に必要な連絡等に利用する。また、主催・後援媒体等による報道目的の取材や販促活動、協賛・協力・関係団体によるサービスの提供等に利用することがある。
    • 新型コロナウイルス感染症対策を目的とした個人情報利用と第三者提供新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、参加者にweb(もしくは紙媒体)による体調管理チェックシートの提示・提出を求める。本チェックシートは本大会において新型ココロナウイルス感染症拡大防止のため、参加者の健康状態を確認することを目的とする。本チェックシートに記入された個人情報については、厳正なる管理のもとに保管し、健康状態の把握、出場可否の判断及び必要なご連絡その他感染症防止のためにのみ利用する。また、個人情報保護法等の法令において認められる場合を除き本人の同意を得ずに第三者に提供しない。ただし、大会会場にて感染症患者及びその疑いのある方が発見された場合に感染拡大の防止のために利用し、必要な範囲で保健所等に提供することがある。
  2. 本大会は、テレビ放送及びインターネットで動画配信を行うことがある。
  3. 本大会の映像は主催者の許可なく第三者がこれを使用すること(インターネット上において画像や動画を配信することを含む)を禁止する。
  4. 本大会の映像・写真・記事・個人記録等は、主催者及び主催者が承認した第三者が大会運営及び宣伝等の目的で、大会プログラム・ポスター等の宣伝材料、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌・インターネット等の媒体に掲載することがある。